待つこと

0

    ピピで放課後を遊ぶようになってかれこれ3年の男の子。

    組み立てたり、作ったりと手を動かすことが得意な彼には、きっとLaQはいいだろうなぁと思いながらも、誘ってするタイプではないので時折 誘いながらのひたすら遊び見せをしていました。遊び見せとは読んで字のごとく、遊びを見せることです。目の前で彼の視線がこちらに来ることを確認しながら、彼の好きそうなモデルを作ったり、LaQで遊ぶほかの子が彼の目に入るようにしたり。

    LaQの親戚のようなおもちゃパックスは難なく手にし大好きな汽車をあっという間に作る腕前なのですが、なぜかLaQは手にすることなく3年がたっていました。

    それが今日はなんとLaQコーナーへ。「お家作ります」とのこと。

    はじめてだからと平面モデルのおうちを見せたところ「ちがう」と立体のおうち(お友達が作ったものを見本に)に挑戦!

    ・・・とここまでは、私 残念ながら送迎に出かけており実際には目にしてないのです。

    一部始終を、スタッフ(仲間)から聞いたのです。それから、ほかの子の動きがじゃまにならないようにスタッフみんなで気にしながら、見守っていました。

    見本のおうちをじっと見て、ぱちぱち。時折手を止め、見本のおうちをいろんな角度からじっと見ています。じっと見て、またまたぱちぱち。

    そうやってできたおうちがこちら!

    おうち1.jpg
    「できた」と満足そうな笑顔に「やったね!できたね!」と声をかけ写真を撮って、すぐさま1階に降り(LaQコーナーは2階にあります)スタッフみんなに「できたよ。替わるよ。見に行って!」と交代。みんなで喜ぶことができました。子どもが何かをできるようになる・自分でやりたいと思ったことをやり遂げる この瞬間に立ち会えるのが、放課後デイのスタッフの一番の喜びです!
    彼にとって、LaQをしようという気持ちがたまるまでに3年が必要だったってことなのかもしれません。
    でも自分で「やりたい」と思って始めたら、平面から立体なんてステップは全く無視で、見本を見て自分で考えながら途中で投げ出すことなく作り上げることができました。
    すごいなぁと子どもの持つ遊びの力に改めて感動です。
    そして、この遊びを一緒に見守り、完成までをサポートし、一緒に喜びや感動をしあえる仲間がいることも、改めてうれしいなぁと思った出来事でした。
    ピピをはじめてかれこれ5年になります。
    スタッフみんなで、子どもの力を信じて環境を用意し 待つことができるいいチームになってきています!

    寒い日のおすすめは〜手仕事遊び!

    0
       雨で雪はとけちゃいましたが寒い朝。
      今日も一日寒くなりそうですね。
      こんな日は手仕事遊びがオススメです。
      ゆっくり手を動かしながらのおしゃべりは、あんがいはずむものです♪
      ふだん聞けない子どもの気持ちがポロリとでたりして、じんわりとあたたかい時間になりますよ。
      寒い日もあたたかくお過ごしください(*^_^*)




      大人に必要な遊びの力

      0
         私は、平日を 放課後等デイサービス・ピピのスタッフとしてこども達と遊びまくっております。
        放課後等デイサービス・ピピは、木やをやっていく中で自分たちなりに「子どもの遊び」や「成長発達に合わせたおもちゃ選び」や一人ひとりに合わせた「遊びの発展」などなどの考え方や実践を積んだところで、実際に「子どもたちとおもちゃで遊ぶ場を作りたい!」「ひとりひとりの子の遊びを長い目でサポートして見守っていきたい!」「遊ぶ力は確実に子供たちの生活を豊かにするはずだ!」という思いで仲間と立ち上げた事業です。
        そこでの私の役職は「主任指導員」だそうです。とても偉そうな役職名ですがw実際のところピピの中のなんでも屋の位置にいます。
        なんでも屋というのは・・・何かあれば「あゆみさん」に言えばなんとかなるんじゃない?的な位置にいるということです。
        でも、このなんでも屋は誰にでもなれるものではないとおもってもいます。
        まずは、こどもたちから信頼&信用されなければお願い事ってこないのです。
        そう思うと、とても光栄な立ち位置!
        では、子どもとの信頼関係を作るにはどうするのか?私にとって、ピピにおいているたくさんのおもちゃがとても助かるアイテムです。
        おもちゃで遊んでいる子どもが今何をしたくって何を困っているのか それを判断してさりげなく手助けして「できた!」の達成感を感じてもらうこと・そして「できたね」を一緒に喜び合うこと(共感)。これが私が子どもと一緒に遊ぶ中でしていることです。
        子どもだけでなく、人って困ってる時に困ってることを見つけて助けてくれて一緒に喜んでくれる相手には心を開くし一緒にいたいって思うんじゃないかなぁと思うのですが どうでしょう?
        これは遊びだけでなく、こどもたちの日常のこまごましたことでも言えることではないかと思っています。自分でやりたいというやる気満々のこどもたちです。
        でも、できないこともあるわけです。
        その時そばにいる大人が、子どもの困っているところを判断して何をどうサポートすれば自分でできるのかを考えることができるのか、「できないんだね」って思ってやってしまうのかは こどもにとって大きな違いがあると感じています。
        遊びもそうで、こどもは『自分でやりたい』『楽しみたい』と思ってそのおもちゃに向かっているわけですから、できずに困っているのはどこか・どんなサポートをすればできるのか、これを一緒に遊ぶ中でかんがえていくのが大人の役割です。そしてだんだんとそのサポートが必要なくなっていくのが成長であり、私たち大人の喜びになるのです。
        でも、この何に困っていてどんなサポートをどのくらいすればいいのかの判断ができるというのは、大人側の遊びの力にかかっています。遊びの力量不足・遊びの引き出しが少ない大人は一緒に遊ぶという時に、どうしてもお世話をしてしまうのです。あるいは船頭を切って「これするよ!」「あれするよ!」とこどもたちを従わせるような遊びしかできないのです。
        このお世話や先導はホントにじゃまでして・・・やってる大人のただの自己満足にしかならないと思っています。
        以前、ある園の園長先生とお話していて「子どもは自然に近い。勝手に伸びるし、伸びる力を持っている。大人にできるのはせいぜいじゃましないこと。」と伺ったことがあります。
        一緒にいる大人がじゃまになるか、子どもが伸びたいと思っている方向にサポートする手助けになるかは、大人の持つ遊びの力量や引き出しの数にかかっているわけです。
        子どもが自分で選んだ遊びを、しっかりとあそび込むためのサポートをするために必要な大人の遊びの力。
        わたしもまだまだつけていかねばなぁと思っている力です。

        おもちゃで深まる理解がある!

        0
           昨日は「おもちゃでつながる理解もある かも」というちょっとぼかしたタイトルでした。
          それは、おもちゃ遊びはあくまで子ども主体でなければいけないと考えているからです。
          こどものやりたい・遊びたい という気持ちのもとにいろんな理解がつながり深まる・・・なので言い切った形ではなく、「かも」とぼかしました。そこは、あくまで大人の立場からは『願い』として込めるにとどまりたいと思っているからです。でないと、遊びではなくなるでしょ。

          今日は「おもちゃで深まる理解がある!」言い切りましたよ〜(だいじょうぶかぁ?!だいじょうぶです!www)

          さて、この場合の『理解』とは、『子ども理解』です。
          大人が子どもを理解するのに、おもちゃで遊ぶ姿を見るというのはベストな方法だと思います。
          こどもが自分の意志で「おもしろい」「たのしい」と思って遊んでいる姿が、その子興味関心を持っていることです。
          どんなことが得意なのか・どんなことがわかっているのか・どんなことが面白いと感じるポイントなのか それらを知ることが『子ども理解』です。
          この『子ども理解』はピピでも木やでも、子供たちと遊ぶ時に私たちが大切にしていることです。
          ちゃんと理解できてこそ、出来た時の喜びに共感できるし、困っている時の手助けもできるし、次へつながる遊びも提案できるからです。

          どんな遊びにどんな理解をしていくのか、どういうおもちゃ遊びでどんな理解ができるのか・・・そこらあたりは、店長のおもちゃ講座を受けていただくか、店頭できいていただくか になりますがwww

          自分で面白いこと・楽しいことを見つけて「楽しい」と感じる遊びの中で試行錯誤している姿を見て、私は『子ども理解』をしています。
          連休になり、ちょっと人口が増えているように感じる田舎です。いつもより人通りがちょっと増えた街中で里帰りらしき子どもがピコピコゲームを持ってうろうろしている姿を見たり、画面を見て手を動かしている小さな子を見るとどう理解するかというと・・・残念 ってところでしょうか。
          自分から求めていくのではなく、受身で与えてもらう中でしか楽しむができなくなっている子どもたち。その若さで時間つぶしのような遊びを展開している姿は、残念というか気の毒としか言いようがありません。
          もし、この子達の周りに遊びを『子ども理解』と捉える大人がいたならばちょっとは違ったんじゃないかなぁ・・・なんていうのはおごりでしょうか。

          今日は、こどもの日です。
          イベントティックな楽しみも良いですが、じっくり子どもと向き合って(じっくり子どもの遊びに向き合って)『子ども理解』を深めてみてはいかがでしょう?



          おもちゃでつながる理解もある かも!

          0

            よく「知育玩具」というあまりうれしくない名前で呼ばれている木やのおもちゃたち。
            「知育」という言葉に、大人の上から目線的なものを感じて実に不愉快な言葉なのですがwww

            わたくし的には、目で見て手で触って一つ一つを確認しながら理解していける道具としておもちゃを捉えています。こども自身が「おもしろい」「楽しい」「もっと!」と自分から求めていけるのが、木やのおもちゃ達の最も優れたところだとも思っています。

            木や店内のおもちゃを見ていると、数や形の発見があるおもちゃがたくさんあることに気づきます。
            例えば、こちら。

            プラステン
            同じ形のチップがたくさん(50個)同じ色がたくさん(10個)あります。
            そのことで、色や数の発見があるのです。
            我が家の息子が小学校に上がる前のこと、お店屋さんごっこがブームの時期がありました。
            5の数で遊べればいいかなぁ という程度に思っていた(あまり教育熱心ではない)母ちゃんとのお店屋さんごっこでは、プラステンが大活躍。
            黄色いチップを持つのがお客さん。お店屋さんは「ドーナツ屋さん」です。
            お客さん(母ちゃん)が注文します。「いちごのドーナッツをひとつとブルーベリーのドーナッツをひとつ、ほうれん草のドーナッツをみっつくださいな。」あわせて5個になるように注文しています。
            あかいチップをひとつ・あおいチップをひとつ・みどりのチップをみっつ並べたドーナッツ屋さん(息子)。「いくらですか?」のお客さんの質問に、ひとつひとつ数えて「5です!」
            そこでお客さんがきいろいチップをよっつ「これで」と渡します。

            ドーナッツ屋さんがドーナッツの横にお金を並べて「足りません!ひとつ足りません!」
            「あらあら失礼しました」・・・というやりとりの遊びです。
            これによって息子が足し算ができるようになったかというとそんなことはなく、少ないとドーナッツは買えなくて、多かったらお釣りが返ってくる ということがわかったかもしれませんwww
            このドーナッツ屋さんごっこでは、紙袋を作ったり、ポイントカードが作られたり と息子の中に商才を感じつつ(←親バカ!) 数のやり取りを親も楽しんでいました。

            最近では、こんなそろばんもあります。

            私が感じているポイントは、全部が同じ色ではなく 5で色が変わっているところ!

            よく考えてるなぁ と思いました。これ息子が1年生の時に欲しかったなぁ〜とwww
            息子は、目で見て手で触って確認しながら理解するタイプでしたから。紙に書いてあることをイメージして理解するタイプ・・・ではなかったですねぇ。

            形の発見では、こちら!

            パターンブロックです。

            辺の長さや角度が考えて作られたモザイクで、アメリカの小学校では教材としても使われています。
            考えて作られているだけあって、なにをつなげてもぴったりくるパーツがあるというものです。

            適当に埋めていっても綺麗なものができるし、形ごとに色が違うので規則性を持った埋め方に発展すると思わず写真を撮って残しておきたくなるくらい美しい模様ができます。
            このように・・・

            同じ形を違う形でも作ることができるという発見もあるはずです。
            これをこどもが遊びながら自分で発見できるのがおもちゃの素敵なところではなかろうかと思うわけです。

            そう考えると、積み木もとても素敵なおもちゃ♪

            こちらは、私のお気に入りの積み木「基本積み木セット」です。
            カエデ材で作られた積み木で、ポイントは面取りがしてないこと!そのことで、きっちり積んだり隙間を感じることなく並べることができるのが私のお気に入りポイントなのですが、それゆえにそこを理解していただけるお客様にしかおすすめしていないというつみきです。面取りも角もとってないということで鋭角な部分がありますから。
            積木は、基尺というこれまた数学チックなもの基づいて全てのパーツが作られています。
            この積み木は、4センチ基尺。全てのパーツが4センチの倍数で出来ています。

            基尺がそろっていることで、なんとなく積んでも同じラインが必ずできるのが積み木の良さ。
            基尺や倍数なんて言葉を知らなくったって、遊びの中で手を動かしながら「同じ」や「違う」を感じることで発見するんですよね。
            店長のこの基本積み木セットの中での発見は、4センチ基尺の積み木が偶数(4の倍数個)入ってる ってことです。
            それによって、同じの作ろうが一緒にできるという見解です。
            「ふむふむ。たしかに それいいね!」
            一緒に目をキラキラさせているワタクシ。
            うんうん と頷きながら、前に読んだ本の一節が頭をよぎりました。
            『実生活の役に立たないからこそ、
            数学の秩序は美しいのだ。』
            これは、博士の愛した数式 だったかな?
            数学的秩序に基づいたおもちゃは、子どもたちに美しいと思わせる力を持っているのかもしれません。なんて言い切ってしまいたくなるくらい「美しい」と感じる瞬間のあるおもちゃたちです。
            一緒に遊んで、一緒に「美しい」と感じることができるのが、こどもと遊ぶ楽しみの一つになっている私です。


            パズルって面白いんです・2

            0

              パズルって面白いんです・2 では、店長のお気に入りも紹介します。
              最近、店長が手にとっては「これいいよな」と共感を求めてきますのが こちら!

              3重パズルの『あらいぐまと友達』
              こちらの3重パズルは、下から 1→2→3 と動物が増えるところがなかなか技あり!なパズルです。

              リスが1匹


              ビーバーっぽいのとリスっぽいので2匹


              スカンクとあらいぐまとうさぎ で3匹

              という具合になっております。わたくし的には、うさぎが立っているのが素敵 と思っていますwww
              店長的には、一番下のリスがたまらんそうですwww

              もうひとつ、私のお気に入りが 2重パズルの恐竜!

              下はこうなっております。


              骨!!!
              ねっ!いいでしょ!

              子どものパズル遊びは、できるようになったらおしまい ではないのが、ひとつの特徴です。
              できること・わかること を何度もくりかえしくりかえし 楽しみながら、次のステップへと進むのが子どもたちの成長です。できるようになったから飽きた ではなく、何度も何度も楽しめるのが、木やのパズルの特長だと思っています。
              絵本のようなものでしょうか。こどもたちってお気に入りの絵本を何度も何度も読んでもらいたがるでしょ。あれと一緒ですね。

              パズルの楽しさを手渡すことができれば『ひとつのことが出来上がるまでを楽しむ』という楽しみのありかたの一つをこどもたちに手渡せた ということではないかしら と思っています。
              遊びを通じて、こどもたちにたくさんの楽しみを手渡せればいいなぁ。。。そんなことを思っています。


              パズルっておもしろいんです・1

              0

                木やのパズルコーナーです。

                色とりどりで 木や店内でも一番華やかなコーナーかもしれません。

                さて、このパズルの遊び。
                こどもに「はい」と手渡せば遊ぶか というとそんなことはありません。
                パズルの遊びは「課題遊び」とも言います。
                答えがある遊びなんですよね。しかも、答えは一つです。
                この答えに行き着くまでの試行錯誤が楽しい遊びになるんですが、答えに行き着いたことのある子しか答えに行き着くまでを楽しむなんてことはできないのです。
                なので、我々大人がしなくてはならないのは、まず こどもが答えに行き着くまでのサポート と「できた!」のときに一緒に共感することです。
                この関わりがないとおもしろさを伝えることができずに「うちの子 パズルが嫌いなんだわ」で終わってしまう遊びになってしまいます。
                サポートの手はだんだんといらなくなってきます。でも「できた」の瞬間の共感という関わりはいつまでもあってほしいなぁと思っています。
                だって、木やのおもちゃはコミュニケーションツールなのですから!

                さて数あるパズルの中で、私が大好きなのがこちら!

                グローアップパズルです。
                3段がさねのパズルなのですが、下から成長していくんですね。
                まずは、にわとり
                一番下はたまごです。


                ひよこ


                にわとり

                できあがり♪

                我が家の息子は、自由人だったので(今でもか・・・)答えが決まっているパズルの面白さをしっかりと伝えることができたかどうかは????なのですが、それでも 毎日飽きずに遊んでいたのが「グローアップパズル・カエル」です
                一番下が、たまごと足がちょろりとはえたオタマジャクシ


                しっぽの残ってるカエル


                カエル

                出来上がり。

                我が家の息子ネタで恐縮ですが・・・これを毎日遊んでいたのは、4歳〜5歳の頃だったでしょうか。その後は部屋のインテリアと化していたパズルでしたが、小学4年生の頃のこと。おもむろに取り出し遊びだし、ぎゃはぎゃは笑って見せてくれたのがこちら!

                見返りガエル!・・・すいません。。。

                ちょうちょについては、ぜひ実際にご来店の際にご覧下さいね♪


                積み木コーナー 出来上がり♪

                0
                  昨日、積み木コーナー出来上がりましたよ! 店長ご満悦♪ 遊びの説明プレートも、木やならでは(店長ならでは)のモノになっております。 ここだけの話、ワタクシが読んでも興味深い内容です。 ご来店の際には、ぜひじっくりとご覧くださいませm(__)m サンプルコーナーも積み木のお試しができるように模様替え♪ おもちゃだけでなく遊びも手渡したい木やなのです。

                  創作を楽しむためのアイテムコーナー登場!

                  0
                     工作や絵を描くこと、秘密文書のような記号いっぱいのお手紙を書くのが大好きなこどもたちにお勧めアイテムがドド〜〜ンと入荷しましたよ。

                    色鉛筆やぬり絵 蜜ろうクレヨンに鉛筆や太芯ノック式ペンシルにグリップ!
                    色鉛筆は発色の良さ・芯の柔らかさにこだわって選びました。
                    蜜ろうクレヨンは、シュトックマーです。シュタイナーの学校で使われているメーカーでして、透明感のある色が特徴の逸品です。
                    いずれも木やの定番!
                    今回新しく入荷したのは、ドイツ・スタビロ社のものです。
                    スタビロ社は150年の歴史をもつ鉛筆とペンの老舗!
                    いろんなものを作っているのですが、木やではこども向けに開発されたものを中心に入れました。

                    トリオ スクリビ(三角水性ペン)・・・いろんな特徴の中でも、ワタクシが一番心ひかれたのが『こわれにくくて押しても耐えられる太いチップ』というところ!
                    子どもがペンを使うとすぐにペン先がつぶれるんですよね。思わず「待ってました!」と言ってしまいました(笑)
                    『水性で手や服についても簡単に落ちる』という特徴も母にはうれしいポイントです♪


                    ウッディー3IN1(3つの要素をもつ水溶性色鉛筆)・・・色鉛筆・水彩色鉛筆(水を含んだ筆で書いた上をなぞると溶けて水彩絵の具で書いたようになります)・クレヨン の3つの要素をもつのが特徴です。豊かでやわらかな描き味!小さなお子様の手にぴたりとおさまるサイズです。ダイナミックに楽しめますよ♪


                    こちらは鉛筆。
                    右手用と左手用があるのが素敵です。


                    こちらが注目の スムーブイージー エルゴ(太芯ノック式ペンシル)
                    その名も『書き方学習機能シャープペンシル』!!なんだかすごい名前でしょ(笑)
                    正しい持ち方が出来る上にやわらかくて長い時間使っていても疲れないグリップがいいのです。
                    小学校3年生・4年生くらいになると背伸びしてシャーペンを使いたくなるモノですが、まずはこのスムーブイージー エルゴを渡すとイイかもしれません。
                    芯は鉛筆の芯ですんで、しっかりと力が入ってへにょへにょの字になることがないですよね。
                    自然と正しい持ち方になるグリップですんで「ちょっと!」と注意するのも減ることでしょう♪あ〜素敵♪
                    こちらも、右利きさん用・左利きさん用がございます。


                    こちらは、スムーブイージー エルゴ用の替え芯と3IN1用の鉛筆削りと鉛筆用の鉛筆削りです。

                    『自然に正しい持ち方になる』というところもスタビロ社の鉛筆を木やに入れることにした理由です。
                    鉛筆の持ち方 親としては気になるところなのですよね。
                    かといってガミガミ言いたくないですし!『自然に正しい持ち方になる』なんて素敵な話ではないですか!!

                    ということで、創作を楽しむためのアイテムコーナー。
                    これからもちょっとずつ季節に合わせて変化させつついろんなものを紹介できるコーナーにしたいと思います♪

                    0
                       春になり、新しいスタートにワクワクドキドキしているお子様方もたくさんいらっしゃることでしょう。
                      木やへご来店のお子様方も、やっぱり 新しい学年に向かってちょっと大きくなった凛々しい表情を見せてくれています。
                      「年長さんだしっ!」「1年生だしっ!」「2年生は掛け算がんばる!」などなどと教えてくれるお子様方に、思わずにっこり そして心からエールを送る毎日です。

                      さて、春 新しい出来事に目を奪われ、大人だってなんだかソワソワしてしましますよね。
                      春になると、あえて手に取るおもちゃがいくつかあります。
                      1つは『パターンブロック』

                      平面構成のおもちゃなのですが、これで遊ぶ時は「ゆっくりゆっくり そ〜っとそ〜っと」とつぶやきながら遊ぶくらい、指先を慎重に使います。
                      お子様方が遊ぶ真剣な表情と集中してくるととがる口元が私は大好きなのですよ。
                      昨年の春、我が家の息子が浮足立っていた時にも、私の必需品として活躍してくれました(笑)
                      その時の様子は こちらをご覧ください!
                      おもちゃ屋日記「ゆっくりゆっくり」

                      そして、もうひとつ!
                      ゲーム『大騒動!』

                      半円型の動物パーツに木球をあてて くるりんとひっくり返すのです!

                      ひっくり返すだけでなく、ひっくり返った動物を覚えることもせねばならない ワザと記憶のゲームなのです!!
                      慎重に息を詰めて円盤のはじっこを狙う真剣な目とくるりんとひっくり返った時の思わず出るガッツポーズが私のお気に入りポイントです。
                      このゲーム 不思議と深呼吸して「よしっ!」て気合いを入れてから向かうと、勝てるんですよねぇ♪

                      そして、ぬり絵

                      これも、心を落ち着かせてじっくり取り組まねば美しい作品には仕上がらないのです。

                      そして、パズル!

                      これも一つ一つはめていくごとに、頭の中のもやがはれるようなスッキリするおもちゃですよねぇ!

                      春は新しいことが始まる希望に満ちた季節ではありますが、それゆえになんとなく心に不安がよぎる季節でもあります。
                      お子様と一緒にじっくり遊びに向かうことで、お互いにそんな不安を打ち消すことができるとイイですよね♪

                      ゆっくりじっくり大きくなってほしいなぁ〜 木やのおばちゃんの願いです。


                      calendar

                      S M T W T F S
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      31      
                      << December 2017 >>
                      kimokuyaをフォローしましょう

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode