アナログゲーム連続講座 1回目

0
    先日、久々にアナログゲームを持って、ある保育園さんにおじゃましました。
    就学前保育としてアナログゲームを取り入れてらっしゃる保育園さんです。
    ここ何年も、この季節から3回連続講座でおじゃましています。店長と私のライフワークです。
    アナログゲームで子どもたちがみんなで仲良く楽しく遊ぶためにはいろいろな力が必要ですが、まずは「お話を聞いてルールを理解する。ルールを守って遊ぶ。」これができなければなりません。
    春から小学校へ入学する子どもたちには、ぜひとも遊びの中で、お話を聞くことの意味であったり、決められたルールはなぜ守らなきゃならないのか といったことを経験して力にしてほしい!!私たちはもちろんですが、アナログゲームを保育の仕上げともいえる就学前にしっかり導入しようと考えてくださる園の先生方の強い思いや期待も感じながら、ピリリと気が引き締まる思いでのぞむ連続講座なのです。
    もちろん、アナログゲームにちりばめられた要素はそれだけじゃないんですけどね♪
    今月は1回目。
    子どもたちとは「はじめまして」のあいさつからです。
    春から小学生になる年長さんの子どもたち。
    みんなワクワクが抑えられないキラキラした瞳で見つめてくれます。
    そんな子どもたちを前に一番最初に店長がお話しするのは『アナログゲームを楽しむための5つのコツ』です。
    子どもたちとても真剣に聞いてくれました。
    この『アナログゲームを楽しむための5つのコツ』を講座が始まる前にホワイトボードに書くのが私の仕事なのですが、いつもよく考えられてるなぁと感激します。考えたのは店長です。
    この5つのコツは読んでみると実にあたりまえのこと。(5つのコツの内容については、アナログゲームの講座をどうぞ〜。というのもこれって説明を聞きながら読まないときっとその大切さが伝わらないので!決して出し惜しみしているわけではないですよwちゃんと理解されずに読まれるには惜しい内容なのです。)
    あたりまえのことではあるんだけど、これを見える形で「前提」として子どもにも大人にも示すということはすごく意味があります。あたりまえがあたりまえになるというか、子どもたちの中で普通が変わってくるというか…うまく表現できませんが。
    ピピをはじめて発達障がいのこと自閉症の事をそれなりに学んできたからか、今年は今まで以上に前提を示すことの大切さを強く感じました。
    前提と見通しがあることで、初めてするゲームでも子どもたちはしっかりと楽しむことができていました。
    子どもだけでなく、大人にとっても前提と見通しがあるって安心なんですよね。
    各グループにゲームの説明をすること・遊ぶ姿を見守って困っているグループがあればヘルプすることが私の役目。
    すごいなぁと思ったのは、やり方がわからなくなったときにしっかりとヘルプを求めることができるというところ。
    『あれ?!』っていうときに自分から周りを見て助けてくれそうな人に視線だけでもしぐさでだけでも『困ってるんだけどあなたに聞いていい?』をアピールできるって大切です。どの子もしっかりと助けを求めることができていてうれしくなりました。きっと先生方やおうちの方が普段から丁寧に接してらっしゃるんだろうなぁと感動。
    1時間があっという間に感じたのは私だけではなかった模様。子どもたちの「えー」「もう一個!」「もっと遊びたかった〜」のうれしい声に「また1月に来るからね」「またゲーム持ってくるよ」「今度はこれしようねぇ」答えながら『あーこの感じは久々だなぁ』と思っていました。2回目が楽しみです!

    アナログゲームを使った幼児教育や療育といったことを耳にすることも多くなりました。
    大人のほうにどんな思惑があってもいいですが、子どもたちにとって「おもしろい」「楽しい!」「もっともっと!」とどんどん求めていきたくなるような遊びであってほしいと思います。子どもたちがもっともっとと求めていくほど楽しいものであれば、子どもたちがその中で身に着ける力は大人の思惑なんてあっという間に超えてしまいます。
    子どもたちが力を発揮するために必要なことは何だろうなぁ・・・そんな風に心を砕くことができる大人でありたいなぁ〜と感じた久々のアナログゲーム講座でした。

     

    ここあんさんに行ってきました!

    0
      昨日、境港の子己庵(ここあん)さんに行ってきました。
      おもちゃ受注会を企画してくださったのです。
      久しぶりの木や母ちゃんのお仕事です。
      まずは、ここあんさんのブログを紹介させてください!
      ここあんさんのブログ「子己庵生活」より おもちゃ受注会クリック

      子己庵(ここあん)はわたしのあこがれの場所です。
      素敵な古民家で中に入るとホットする空間が広がっています。
      明るすぎず暗いわけでもない照明。日常のようだけど異空間のよう。
      そんな不思議に落ち着く場所にお話していると心安らぐ庵主さんがおられます。
      きっとここあんに集うお母さん方は、子己庵にきて庵主さんとお話して「うんうん」って相槌打ってもらうだけで、肩の力が抜けるでしょうねぇ。
      そんな素敵な子己庵さんで0・1・2歳の小さい人たちとたくさん遊ぶ幸せな時間を頂きました。
      心から感謝です。
      ありがとうございますぺこり

      おもちゃ遊びのお話もちらりとさせていただきました…拙いわたしの話に耳を傾けてくださったみなさま、要所要所で助け舟を出してくださった子己庵庵主さま!ほんとうにありがとうございました。
      おもちゃっておもしろいなぁ と思っていただけたならうれしいなぁと思いつつ…話についてはもっと精進いたします。

      木やどうしてるんだろう?そんな風に心配してくださっている方もおられるということを今回知りました。
      ぼちぼちやってますよ〜という報告のような気持ちで久しぶりにブログ更新しています。
      とても楽しく幸せな時間。店を閉めても、そんな機会をいただけたことに心から感謝です。
      本当にありがとうございました。

      おもちゃ講座「まとめ編」

      0
         昨日のことですが、ホープタウンさんを会場に「まとめのおもちゃ講座」を開きました。
        写真: 本日は木やのおもちゃ講座です。ただいま準備中。
        16年おもちゃと遊びを考えてきた店長が、はじめて自分から「木や主催」のおもちゃ講座を言いだしたのは、なんと1ヶ月前!
        1ヶ月前に案内を出してどれだけの専門職の皆様が足を運んでくださるのだろうと不安いっぱい。
        しかし、そんな不安をよそに順調にお申し込みいただいて、当日は84名の専門職の皆様にご参加いただきました!ありがとうございます。
        当日の様子は、私の写真技術がなくうまく撮れなかったので準備の時のスラリと並んだ椅子でご報告。。。
        写真: ずらりと並んだ椅子。こんなにたくさんの方がおもちゃ講座に来てくださるんですね!スゴいな。心から感謝なのです。
        講座中にもこっそり写真を撮りました。話している店長の集中力を切っちゃうんじゃないかと思ってビクビクしながらとった写真です。実際は、そんな心配無用のようだったんですがwww
        写真写真
        たくさんの専門職の皆様が、時にうなづきながら、ときに「ほぉっ!」と感心しながら、熱心に聞いてくださっているのを後ろでこっそりとみながら、心からの感謝と『ここまでやってきたなぁ』の気持ちとでじわりとなっておりました。まさに感無量!

        実は、ピピスタッフの職員研修に指定したので木や母ちゃんはピピスタッフとして受講者でもあったのですが、内容は・・・手前味噌ながら 勉強になりました。
        『あそび・おもちゃ・環境』 
        遊びやおもちゃについては、16年間店でお客様にお伝えしているわけですから頭にバッチリ入っています。でも、改めて勉強になったし「こんなふうに伝えるといいのか」という発見もしました。説明が苦手な私にとってはすごい収穫!真似できるかと言われるとできないけれどwww
        環境については、店長がかかわらせていただいて環境を一緒に作らせていただいている保育園さんの保育室を紹介させていただいていました。
        保育室の工夫やこどもに分かるおもちゃの示し方、あそびやすくて片付けやすい工夫は、すごく参考になります。
        店長がこちらの園さんにお願いをして紹介させていただいた理由がよくわかる そんな素晴らしい映像でした。
        子どもが自分からやりたいとおもって取り組む遊びの可能性は無限大です。
        「これしなさい」「それはだめでしょ」「仲良くしなさい」 そんなことは言わなくても、子ども自身がお友達と「仲良く、楽しく遊びたい」と思える環境を作ることのほうが大切です。
        「お片付けした?」そんなこと言わなくても、子どもが自分で選びやすくて遊びやすくて片付けしやすいよう環境を整えることのほうが大切です。
        大人ができることは「こうなって欲しいなぁ」そういう願いを込めた環境を作ること。子どもが「できた!」「わかった!」の瞬間に共感すること。そして子どもが「もっともっと」と求めたときに答えることができる環境を用意すること。
        改めて、子どもと関わる自分のすることを確認できて、一受講者としてとても有意義な時間を過ごせました。

        おもちゃ講座「まとめ編」
        普段から木やのおもちゃを使って環境を作って子どもたちと接してらっしゃる専門職の皆様向けの講座だったので、内容は上級者向けだったと思いますし、ホントに「まとめ」だったなぁ と思いました。
        店長にとっても16年間の集大成のような「まとめ」になった講座です。
        たくさんの皆様にご参加いただいて、こころから感謝致します。
        いろんなことがあったけれど16年間あきらめずにやってきてよかったなぁと感じることができました。

        子どもを取り巻く事情は良くも悪くも激変しています。
        こどものおもちゃや遊びに対しての価値観も考え方もどんどん2極化しているように感じます。
        でも、木やはいつも変わらず こどもの成長に必要だと思うおもちゃを置き、遊びについての考え方・大人がどう関わるのかをお伝えするおもちゃ屋としてやっていきたいなぁと思っています。
        『そんな木やでいていいんだな』と私に思わせてくれた昨日の おもちゃ講座「まとめ編」 でした。

        移動おもちゃ講座!!

        0
           本日は、ワタクシが移動おもちゃ講座で出動!!
          年に1回、絵本の講座とコラボで呼んでいただく移動おもちゃ講座です。

          優しくいつも笑顔のスタッフさんに助けていただき、無事終了♪
          ありがとうございました。

          絵本のお話もきかせていただいて、なんとも勉強になるのです。
          そして「良い絵本と木やのおもちゃの共通点」を見つけては、一人悦に入っているワタクシ♪
          きっと話を聞いている時のワタクシの鼻の穴は広がっていると思われます(笑)
          絵本の先生は、実は木やのお客様でもある方なのです。
          今回は絵本のみならず、おもちゃの遊び方も説明してくださってました!!
          いや〜ありがとうございます。
          助かりました!!

          元気いっぱいの子どもたちとバッチリゲームもできましたよ。
          ルールを聞いて、理解してルールを守って。
          勝ったり負けたりを味わって楽しみつつ。
          元気いっぱいの子が意外に慎重で失敗しないようゆっくり向かっている姿に思わず ふふふ となったり、まだ勝ったり負けたりを楽しめる年齢ではないかな〜と思いつつ一緒に遊んでいた子が「やった〜!」って笑顔を見せてくれたのがうれしかったり、サイコロを振っても振っても思った目が出ないのをじりじりしながらがんばった子のグッとこらえる顔に感動したりetc.
          たのしかったな〜♪

          お母さん方ともう少しお話した方がよかったのかな〜…でも、子どもたちの遊ぶ姿や笑顔で十分伝わったか!…う〜〜ん、あれも話しておかねばならなかったか…あの質問にたいしての答えをもうちょっと話しておくべきだったかな…でも子どもたちが遊びたがってたしな〜…只今ひとり反省会中です。
          普段が店で「待ち」の体勢のワタクシ。
          移動おもちゃ講座は出かけていって「伝えて」くるのが仕事ですから、緊張します。
          …そして終わってからいつも「店長、すごいな」と思ってしまうのです…くやし〜〜!
          次回に備え、一人反省会を続けようと思います…

          ************
          話変わって、木や一家は手ぬぐい愛用一家なのですが、本日の移動おもちゃ講座のためにセレクトしましたワタクシの手ぬぐいは、こちら!!

          絵本とのコラボを意識して『あかずきんちゃん』でした(笑)





          移動おもちゃ講座♪

          0
             本日は、ワタクシ 張り切って 某保育園さんでの移動おもちゃ講座に出かけてきました〜♪
            いつもは、店長が出動することが多いので、ワタクシ ここ一番で張り切ってきましたよ!!

            ワタクシが移動おもちゃ講座で心がけていることは2つ。
            *子どもたち一人ひとりがしっかりと自己発揮できるように環境設定をキッチリすること!
            *遊びを見る親御さんや先生方が、子どもたちが繰り広げる『すごい』遊びを見て「すごい!!」と喜んでいただけるようなきっかけ作りをキッチリすること!!

            今日も たくさんの子どもたちの笑顔と出会えた楽しい移動おもちゃ講座でした♪
            ありがとうございました。

            移動おもちゃ講座♪

            0
               本日は、久しぶりにワタクシが移動おもちゃ講座に行ってまいりました♪
              某保育園さんでの、楽しい時間を過ごさせていただきましたよ!!
              ありがとうございました

              レンガ積み木を高く高くと積んでいる子。
              何度も崩れるのですが、何度もチャレンジするのです。
              そして、チャレンジの度に記録が伸びる!!
              すごいな〜

              積み木で素敵なお家を作っている子。
              ミニチュアのお人形を使って、独り言をいいながら遊んでいる姿が これまたいいな〜〜

              ゲームコーナーでは、年長さんが『子ヤギのかくれんぼ』に挑戦!!
              ルールの説明を瞬きもせずじっとワタクシの方を見つめて聞いてくれました。
              この瞳が、またまた いいな〜〜〜〜

              未満児さんのお部屋では、型はめをバラバラにしている女の子に「ほらほら!ここ見て!」とポトン!
              はめる瞬間を見た女の子の瞳がキラリン
              す〜ぐに○が入るようになりましたヨ!!
              いいな〜〜〜

              こどもたちが『いいな〜』『すごいな〜〜』という遊びを展開している姿を「すごい!」と思う大人の目があって 遊びはただの遊びではなく、成長表現 となるのだと思います。←何だかわかりにく表現になってますが…
              ワタクシが移動おもちゃ講座で心がけているのは、親御さんや保育士の先生方に 遊びを成長表現としてとらえていただくきっかけ作りです。

              今日は、たくさんの「すごい!」「やった〜!」の子どもたちの笑顔と出会えた素敵な一日でした♪

              久しぶりの 報告会!?

              0
                 さて、本日も 移動おもちゃ講座 で出かけていた店長。
                本日、おじゃましていたのは、島根県の仁多郡の保育園さんです!
                島根県の仁多郡がどのような所かと言いますと・・・
                こちら店長より送られてきたメールの写真。
                この 赤白の矢印 何かおわかりですか?
                店長はわからなくって今日おじゃました保育園の保護者さんに訊いたそうです。
                店長は「雪の深さを測る?」と思ったとか。私は「雪がここまで積もったら危険の目印!?」と思いましたよ
                ・・・答えは「積雪時の道路と路肩との境界」だそうです!
                除雪車が目安にして走るのだとか除雪車か〜〜
                木や一家が現在住んでいるのが、鳥取県の大山の近い所です。冬は雪が積もりますし、除雪車も走りますが・・・この 赤白矢印は見たことないですね〜。なかなか出会えない標識(!?)ではないでしょうか?
                そういえば!!5年前、やっぱり島根の仁多郡の子育てサークルさんに移動おもちゃ講座をご依頼いただいた時のこと。たしかあの日は私がおじゃまして、そう!あれは冬でした。・・・いつも通る道を走るとドンドン雪が増えてきて、それでも進むと『冬期は通行止め』の看板がUターンして何とか間に合ったことがありましたね〜。あの時は必死だったけど、今考えると「すごい雪だった・・・確かあれは12月のはじめ・・・」

                島根の仁多郡、冬でなければ木やから2時間くらいで着くでしょうか。
                ご依頼いただき、感謝感謝です。
                店長は、保育園さんで子どもたちのキラキラの瞳に出会え、子どもたちのキラキラの瞳を見て喜ぶ保護者さん方や保育士の先生方に出会え、そしてもちろん、おもちゃや遊びのことをしっかりお伝えすることができたようです。
                Y保育所さま。移動おもちゃ講座のご利用 ありがとうございました。

                移動おもちゃ講座。

                0
                   本日は、私が移動おもちゃ講座へ行ってまいりました!
                  毎年、夏に呼んでいただく小児科医院さんの サークルさんです。
                  絵本の講座とのコラボレーションなのです。前半が絵本で後半がおもちゃです。

                  持ち時間1時間・・・悩んだ末に今回は、1つ1つおもちゃを説明つきで手渡してみました。その方が一人一人にちゃんとお伝えできるかな〜と考えたのです。が、目まぐるしい1時間・・・写真撮れずでしたね〜いっぱいいっぱいでした
                  0歳さんから小学生までの幅広〜い年齢層でした。
                  今回は「今日は、何か一つ。『できた』の発見をして帰ってくださいね。」とあいさつさせていただいて始めたのですが・・・「できた!!」のとびっきりの笑顔にもたくさん出会えましたよ。指先に集中して口元がとがってくる子や、仲良くみんなでゲームができてニッコリ笑顔のお母さん、はいはい暴走のおちびちゃんに、一つ一つパズルを制覇して「できた。」と満足げな女の子 etc.
                  遊び方やおもちゃの説明、年齢に合わせた遊びの説明、遊びのきっかけづくり、それと一番大事なおもちゃの整理(パーツがそろってないと遊べませんからね〜)・・・今日はぐっすり眠れそうです

                  移動おもちゃ講座は普段は店長がおじゃますることが多いのですが・・・たま〜に私が出動することもあるのです。
                  秋からは、移動おもちゃ講座のご依頼が増えてくる季節。
                  おもちゃと遊びの講座として、これからもはりきっていきますよ〜〜

                  本日、お呼びいただきました S小児科医院様、ご参加いただきましたみなさま、毎度コラボいただきます絵本講師のK様!!ありがとうございました


                  本日は・・・

                  0
                     本日は、県内の保育士さんの養成学校にて『児童文化論』の講師として、朝から店長は出かけています。

                    11年前、木やを始めた頃、おもちゃや遊びのことを伝えたいと思いつつも伝える術を持たず「いつか子どもと関わる専門職の方たちにおもちゃと遊びについてちゃんと伝えることができれば・・・」と思っていました。
                    そんな「いつか・・・」の夢がかない、保育士になりたいと勉強している学生さん達へ『児童文化論』という課目でおもちゃと遊びについてお伝えする機会をいただいたのが5年前からのことです。・・・なんだか感慨深いものがあります。

                    今頃、店長は学生さん達を前に、おもちゃと遊びについて、汗をかきながら精一杯お伝えしていることでしょう。
                    学生さん達にしっかりと受け止めていただけますように。
                    講義が終わったら電話してくるはず・・・待ってる方がドキドキものです・・・

                    さて、ひとつ夢のかなった店長。次の夢はなんでしょうね。
                    かなった暁には、また報告できることでしょう!

                    相棒と相性?

                    0
                      今日も一日 移動おもちゃ講座 で出かけていた店長。
                      「今日はな〜」帰ってきて何やら感慨深げに話してくれたのが・・・・・(さあさ!恒例の報告会ですよ〜)・・・
                      本日おじゃましたのはお隣の県、島根県の保育園。毎年呼んでいただく園さんです。
                      今日、店長に感動を与えてくれたのは年長さんの男の子二人組。どこへ行くのも何をするのも一緒の二人組で仲の良さで店長の目を引いたようです。さて、この二人がゲームコーナーで遊びはじめました。まず始めたのは「どれがいっしょ?」

                      このゲームは2枚のカードの中に同じモチーフが同じ色で書かれているものが1つだけあるので、それを早く見つける「スピード」勝負の早い者勝ちです。まずはモデルとなる1枚を変えずに片方だけ次々と変える初級編で遊んだようです。このゲーム片方の子(Aくんとします)がそれはそれは強かったそうです。そして強いだけでなく「この飛行機はもう出たけん見らんでいい」(初級編の遊び方だと消去法で辺りをつけることができます)との言葉からも、「論理的思考に基づいた冷静さも兼ね備えたなかなかの子だ」と店長は驚いたそうです。
                      そして次に二人が「これやろう!」と始めたのが「子ヤギのかくれんぼ」

                      このゲームは、5からだんだん減っていく数の記憶ゲーム。可愛らしい子ヤギのチップのわりに(!?)なかなかやりごたえのあるゲームです。このゲームを制したのはもう片方のBくん。抜群の集中力と記憶力だったそうで、こちらも店長が舌を巻いたもよう。
                      でも、店長が感動したのは、このそれぞれに違うすごい力を持った二人が仲が良いというところ!得意なことの違う二人がお互いを認め合って友情を育むということは、当たり前のようでなかなかに難しいことです。それを普通にやってのけているなんて「この子たちすごいな〜」と、ゲームコーナーを後にし次の「組み立てクーゲルバーン」を「あーでもない、こーでもない」とはじめた二人をみて感心したそうです。
                      「お互いになにかひかれるものがあるんだろうな〜」とは店長の弁。

                      最近「コミュニケーションの力」とよく言われます。「コミュニケーションの力」というと、いろいろあるとは思いますが・・・まずは他者のことを認めるところ(相互理解)からがスタートなのかもしれませんね。
                      AくんとBくん!末永い友情を祈ってます。


                      calendar

                      S M T W T F S
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      293031    
                      << October 2017 >>
                      kimokuyaをフォローしましょう

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode