おもちゃで深まる理解がある!

0
     昨日は「おもちゃでつながる理解もある かも」というちょっとぼかしたタイトルでした。
    それは、おもちゃ遊びはあくまで子ども主体でなければいけないと考えているからです。
    こどものやりたい・遊びたい という気持ちのもとにいろんな理解がつながり深まる・・・なので言い切った形ではなく、「かも」とぼかしました。そこは、あくまで大人の立場からは『願い』として込めるにとどまりたいと思っているからです。でないと、遊びではなくなるでしょ。

    今日は「おもちゃで深まる理解がある!」言い切りましたよ〜(だいじょうぶかぁ?!だいじょうぶです!www)

    さて、この場合の『理解』とは、『子ども理解』です。
    大人が子どもを理解するのに、おもちゃで遊ぶ姿を見るというのはベストな方法だと思います。
    こどもが自分の意志で「おもしろい」「たのしい」と思って遊んでいる姿が、その子興味関心を持っていることです。
    どんなことが得意なのか・どんなことがわかっているのか・どんなことが面白いと感じるポイントなのか それらを知ることが『子ども理解』です。
    この『子ども理解』はピピでも木やでも、子供たちと遊ぶ時に私たちが大切にしていることです。
    ちゃんと理解できてこそ、出来た時の喜びに共感できるし、困っている時の手助けもできるし、次へつながる遊びも提案できるからです。

    どんな遊びにどんな理解をしていくのか、どういうおもちゃ遊びでどんな理解ができるのか・・・そこらあたりは、店長のおもちゃ講座を受けていただくか、店頭できいていただくか になりますがwww

    自分で面白いこと・楽しいことを見つけて「楽しい」と感じる遊びの中で試行錯誤している姿を見て、私は『子ども理解』をしています。
    連休になり、ちょっと人口が増えているように感じる田舎です。いつもより人通りがちょっと増えた街中で里帰りらしき子どもがピコピコゲームを持ってうろうろしている姿を見たり、画面を見て手を動かしている小さな子を見るとどう理解するかというと・・・残念 ってところでしょうか。
    自分から求めていくのではなく、受身で与えてもらう中でしか楽しむができなくなっている子どもたち。その若さで時間つぶしのような遊びを展開している姿は、残念というか気の毒としか言いようがありません。
    もし、この子達の周りに遊びを『子ども理解』と捉える大人がいたならばちょっとは違ったんじゃないかなぁ・・・なんていうのはおごりでしょうか。

    今日は、こどもの日です。
    イベントティックな楽しみも良いですが、じっくり子どもと向き合って(じっくり子どもの遊びに向き合って)『子ども理解』を深めてみてはいかがでしょう?



    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << July 2017 >>
    kimokuyaをフォローしましょう

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode